WOLF RPGエディター

WOLF RPGエディター 2.10

理想のRPGを作ってみよう! プログラム不要のRPG作成ソフト

WOLF RPGエディターは、プログラム作業することなく、本格的な2次元ロールプレイングゲーム(RPG)を作成できるソフトウェアです。ゲーム動作に必要なプログラムが予め組み込まれ、マップ(地図)やイベントなどゲームの「流れ」を組み立てるだけで、オリジナルのRPGを作ることができます。自分が思い描いたストーリーを元に、理想のRPG作りに挑戦してはいかがでしょうか。 完全な説明を見ます

賛成票

  • RPGの動作に必要なプログラムが組み込まれ、マップ(地図)やキャラクターなどを設定するだけで良い
  • ゲームに登場する街やダンジョンのマップを自動生成する機能がある
  • 完成したゲームを実行ファイルとして出力し、自由に配布できる
  • 実行ファイルに含まれるキャラクター画像や音楽データが盗用されないよう保護される

反対票

  • 登場人物や看板、扉、宝箱などの動作設定は、試行錯誤が必要

良い
-

WOLF RPGエディターは、プログラム作業することなく、本格的な2次元ロールプレイングゲーム(RPG)を作成できるソフトウェアです。ゲーム動作に必要なプログラムが予め組み込まれ、マップ(地図)やイベントなどゲームの「流れ」を組み立てるだけで、オリジナルのRPGを作ることができます。自分が思い描いたストーリーを元に、理想のRPG作りに挑戦してはいかがでしょうか。

WOLF RPGエディターはインストール不要で、解凍したフォルダーにある「Editor.exe」を開くことで実行します。早速RPG作成を始めましょう。まずは、マップを作ります。マップ編集画面を使って冒険の拠点となる街や、冒険の舞台となるダンジョンを一つひとつ丁寧に描いていきましょう。嬉しいことにマップを自動生成する機能がありますので、上手く作れない時には力を借りると良いでしょう。

マップが完成したら、登場人物や看板、扉、宝箱などの動き(イベント)を設定します。主人公が近づいた時や話しかけた時にどのように反応させるかを一つひとつ設定します。セリフを表示させたり、向きを変えるといった動作を設定することで、ただの絵に命が吹き込まれ、生き生きと動きだします。さらに、ゲームの進行に応じて複数のイベントを用意することで、ゲームのストーリーに幅と深みを持たせることができます。ゲームの肝と言える作業で、納得がいくまで試行錯誤が必要なポイントです。

完成したゲームは、実行ファイルに出力して自由に配布することができます。出力されたファイルに含まれるキャラクター画像や音楽などのデータを保護できる点も嬉しいところです。作者によると、せっかく作ったデータを盗用されないように配慮したとのことで、オリジナリティを大切にする姿勢に好感が持てます。

WOLF RPGエディターは、マップとイベントを組み合わせるだけで、オリジナルのRPGを作ることができる便利なソフトウェアです。

変更

  • 不具合修正
  • 使用ライブラリの更新
WOLF RPGエディター

ダウンロード

WOLF RPGエディター 2.10

ユーザーレビュー

  • kenji6410

    kenji6410による

    "いいかんじだけど、ちょいむずい"

    使いやすいです^^ だけど、プログラミング(?)とかコモンの制作とか すこし、難しいww ちょっと上級者向け. もっと.

    についてのレビュー 2015年5月13日